自己処理の悪いやり方

学生の頃にどういう理由か忘れましたが、スネにサロンパスを貼った覚えがあります。
その頃のサロンパスは今のとは違って、はがす時にすごく痛い思いをするものでした。
自分で剥がすのが怖くて、なかなか剥がせずに、母親が「サッサと剥がしなさい」と言ってベリッと剥がしてくれたものです。

 

痛くて涙が出ました。
しかしそのときの、サロンパスには私のムダ毛がいっぱい付いていたのです。
足を見るとサロンパスを貼っていた場所はツルツルキレイになっているではありませんか。

 

これはすごい!
こんなにキレイになるなんて。
しかも痛いけどラク!
一度にこんなにいっぱい剥がせるなら素晴らしい。

 

おバカな私はとても感動したのです。
そして、残っているムダ毛を処理しようと、まずセロハンテープでトライしましたが、粘着力が足りず、ダメでした。
次にガムテープ。こちらは、なかなか抜けました。
でも、サロンパスには及ばない。
じゃあ、粘着テープならどうだろう!
試したはいいものの、粘着力が強すぎてムダ毛を抜くどころか肌を傷つけてしまったようで真っ赤になってしまいました。

 

若い頃というのは、ときに恐れを知らず無謀なことをやってしまうものなんですね。粘着テープ脱毛は当然一度で封印することになりました。

今、家庭用脱毛器を探しています。
どんなものがいいのか、どこのメーカーがいいのか。
まったくわからない状態での、家庭用脱毛器探しです。

 

友人でも使っている人がいないので、実際に生の声を聞くことができないのがとても残念。
クチコミもいいのですが、やっぱり友人などが実際に使った感想を忌憚なく教えてくれるのが一番いいですよね。

 

いい情報も欲しいですが、悪い情報も欲しいです。
その悪い情報の中に、私が欲しい機能なんてのがあったら、違うメーカーにしておこうなんて気持ちになりますしね。
実際買ってからでは遅いのです。

 

悪いことばかり書かれているメーカーは買う気になれませんけど、いいことばかり書かれているメーカーもちょっと、どうなのかなって不安になりませんか。
メーカーの人とかが、買わせるために書いてるんじゃないのって思っちゃいます。
やっぱり、いいことも悪いこともバランスよく書かれているメーカーが一番安心なのかもしれませんね。

続きを読む≫ 2014/06/14 11:43:14

家庭用脱毛器も、最近では性能がずいぶんと高くなっているようです。値段相応といったところでしょうか。
値段は高いけど、効果が薄いというようなものが、少なくなってきているように思えます。

 

買った家庭用脱毛器は、カートリッジの交換が必要で交換時期が短ければ短いほど、頻繁にカートリッジを交換しなくてはならず、その分、費用も増してきます。
決して一度買えば永久に使えるというわけではないのです。

 

ですが、購入前に腕を脱毛するのに必要な照射数はいくつで、足はいくつで、など自分が脱毛したい場所の照射数を調べておき、各メーカーが出している製品の照射数と見比べてみましょう。
一番照射数が多いものを選ぶも良し、カートリッジの値段で決めるも良しです。

 

家庭用脱毛器はクリニックで行う脱毛よりも、弱い出力での処置になりますが、その脱毛効果はとても満足がいくものでした。
わざわざクリニックやサロンに通うより、家庭用脱毛器を1台買ったほうが、手軽で経済的かもしれませんよ。

続きを読む≫ 2014/05/31 16:37:31